加賀藩二代藩主前田利長公の菩提寺

加賀藩百二十万石の財力を如実に示す江戸初期・禅宗に典型的な建物群である。仏殿、法堂、山門が国宝に、総門、禅堂、高廊下、回廊、大茶堂が重要文化財に指定されている。

 
   

烏瑟沙摩(うすさま)明王像を公開中

「トイレの神様」として知られ、法堂に祀られている木像の烏瑟沙摩明王像を、令和2年末までの間厨子から出して公開しています。
室町時代以前に作られたとされ、高さ117センチと国内最大級です。さまざまな角度から間近で見ることができるチャンスです。

案内ボランティアの申込み問い合わせは [ こちらへ ]
第41回 八丁道おもしろ市の案内は [ こちらへ ]
瑞龍寺を巡る精進料理の地旅の案内 [ 案内チラシ(pdf) ]

瑞龍寺を巡る精進料理の地旅
TEL : (0766) 22-0179    |    FAX : (0766) 26-6978